仏壇について

仏壇について

このサイトでは、一般的にはあまり関わりがない
『仏壇』についてご説明します。

仏壇は大きく分けて、「塗仏壇」と「唐木仏壇」の2種類に分けられます。
2つを比べた時
・ 塗仏壇が内装のメインが金で派手な感じ
・ 対唐木仏壇は金が少なく、静かな雰囲気
という違いがあります。

金をメインに使っている塗仏壇は、別名「金仏壇」とも呼ばれていますが、最近の仏壇の中には、合板、プラスティック、アルミなどを原料にしたものも出てきています。

では、そもそも「お仏壇」とは何なのでしょうか?
お仏壇とは、すごく簡単に言ってしますと
『 お寺をお家サイズに小さくしたもの』と考えてみてください。

お仏壇とは
『仏教の寺院に毎回行かなくても、家の中でお参りできる』
という理由で設置したのが始まりです。
次第に、仏様をお祀りしている部分を小さくして
各家のサイズに合わせて作るようになりましたが
今では、仏様のお祀りするものというよりも、
ご先祖様をお祀りするという理由でお仏壇を設置しています。

皆さんのお宅ではどうですか?
私の自宅では、お仏壇は先祖供養としての役割を持っているように感じます。
お仏壇があることによって、故人や、ご先祖様の霊とのコミュニケーションの場でもあると思います。

【仏壇の産地とデザインについて】
最近では、日本産の仏壇だけでなく、中国産が多く出回っています。
また、今までのものとは違う、斬新なデザインの仏壇も登場しているそうです。
仏壇と言えば和室に合うイメージですが、洋間にも置けるデザインを重視した仏壇も出ています。
現代人の生活に合わせて、仏壇も色々進化していますね。
一人一人の個性や好み、生活スタイルに応じた仏壇選びをしたいですね。
また、最近の傾向として、お部屋の雰囲気に合わせて仏壇の色を変えられるところが増えたそうです。

【現代の宗教について】
現代の日本ではこれまでの社会よりも「宗教」というものをやや遠い存在のように感じる方が増えてきているようです。

特定の宗教を信仰されているという方ももちろんいらっしゃいますが、多くの人は「神」という存在を信じることに抵抗感を感じ、また世の不条理を見て「神様がいるなら救ってくれないのはおかしい」と考えるようになってきました。

しかしだからと言って、日常生活において宗教と関連した文化が失われたというようなことはありません。

年末になればお寺さんの除夜の鐘を聞いて一年を振り返り、年が明ければ初詣、そして縁日などには多くの人が足を運びます。
葬儀と言うのも同様ではないでしょうか。
葬儀は亡くなられてしまったご家族や、ご友人の方の旅立ちを見届けるために行われるのです。

普段の日常生活の中で、ご家族やご友人を喪うということを常に覚悟しているというような人はほとんどいないですよね。
死というものは誰にでも訪れるものでありながら、殆どの場合、それは唐突に訪れ、遺された人々に深い悲しみをもたらすのです。

そんな中、大切だった人を喪ったという現実を受け止め、遺された人がこの後も生きていくという思いを新たにするためにも葬儀は行われているのです。

最近では形式ばった大規模な葬儀より、ご家族やごく親しいご友人だけで行う家族葬など、小規模なものを行う方が増えています。

当社は日々の業務の中、突然の死に直面するご遺族の方が望まれる故人の旅立ちの瞬間を、葬儀という形でお手伝いさせていただいております。

葬儀をしたからすぐに立ち直ることができるというような強い人ばかりではありません。
しかし、葬儀と言う形で故人に別れを告げ、人生の再スタートを行えるようにするということの意味は決して小さいものではないと思っています。

これからも「悲しみを受け止めて、幸せになるための第一歩」が歩めるようにしていきたいと思っています。